インストルメントパネルは車内インテリアに必要不可欠

椅子02クルマをドレスアップすると、個性的でおしゃれなクルマに作り替えることができます。主なドレスアップパーツに、フロントスポイラーやリアスポイラーなどのエアロパーツやアルミホイールなどのエクステリアをドレスアップするものと、ステアリングやシートなどインテリアをドレスアップするものがあります。いったんクルマに乗りこめば、エクステリアパーツ以上に、車内を飾るパーツが重要になってきます。その中でも視覚的な効果が大きいのはインストルメントパネル(インパネ)周辺のドレスアップです。

インパネはダッシュボードなどの部分や、スピードメーターなどの周辺部分のことですが、コストを抑えるためにプラスチック素材なものが使用されていたり、クッション性がある半硬質ウレタンフォームが使用されていたりしますが、高級車には本革が使われていたり、一部にウォルナットが使われていたりします。そうすると、視覚的印象は大きく変わり、高級感が増します。普通車ではコストがアップしてしまうために、なかなかお目にかかることができませんが、ドレスアップパーツとして木目調パネルやカーボン調パネルが販売されています。車種ごとに専用パネルとして販売されているので形がぴったりしており、体費用効果が高いドレスアップパーツとして人気です。

Comments are closed.

最近の投稿