冬道とさびやすさ

除雪剤などに含まれている成分がマフラーをさびやすくさせてしまっていることは、意外と知られていないことです。特に、北国では珍しいことではなく、マフラーがうるさいと思ったら、すでに錆びついてしまっており、交換が必要になってしまっている、ということが珍しくないようです。
そのようなトラブルを避けるためにも、出来る限り車について、意識して、さびなどを予防できるようにしておく方が、安全に、かつ快適に過ごすための方法になります。車について、知らない人はマフラーの騒音に対してさえ、そのまま無関心でいる場合がいますが、車検のときには確実に交換されてしまう項目に入ってしまいます。錆を防ぐ方法としては、塗装をきっちりと定期的にする、なるべく冬道や汚れなどが目立つときには洗車をする、などが防止する方法になるのですが、実際にはそのように対応することが出来る人は珍しいといえます。放置しているために、つい車がボロボロになってしまった、ということも珍しくなく、さびは伝染する、ということを意識して出来る限り防ぐようにしておくことが大切です。無理をしないで、もし、不安があるのであれば最寄りのカーディーラーにチェックしてもらう、などの対策を取ることをお勧めしています。
gf1950145872l

Comments are closed.

最近の投稿