マフラーが無い自動車

現在マフラーの存在しない自動車が存在していますね。それが電気自動車です。この電気自動車は、マフラーがそもそもありません。というのも、二酸化炭素が排出しないので排気ガスを出すマフラーはないでしょう。もちろん、これは完全な電気自動車に限ることなので注意してください。ハイブリッド車などは、マフラーがありますね。
電気自動車は、排気ガスを出さないためかなり環境に良い自動車です。だから、マフラーのような部品は必要がありません。まあ、マフラーが悪いわけではありません。マフラーもしっかりと使えば問題ないし、無いと自動車の機能を使うことができないので重要な部品です。しかし、これにより環境汚染が高くなっていることは確かだったのですよ。しかし、マフラーが存在しなくなったことで、道路は綺麗に使えるし、環境も汚染されない状態になるでしょう。だから、電気自動車のようなマフラーが無い自動車が増えていくと良いですね。ちなみに、環境にやさしい自動車は電気自動車だけではありません。そして、電気自動車以外のところでマフラーが使われることもありますね。だから、必ずしもマフラーがない自動車が良いというわけではありませんので間違えないようにしてください。

gf1940270332m

Comments are closed.

最近の投稿