サイドスポイラーの枠割

サイドスポイラーはエアロパーツの一種であり、自動車の側面下部に取り付けるパーツとなっています。
これは他のエアロパーツと同様、車体に流れ込む風を効率よく受け流すことを目的として取り付けられるものであり、このパーツの場合は特に車体の側面に流れ込んでくる風を受け流すために取り付けられます。
これが取り付けられることによって高速で直進している際、前面から車を抑えつけるような風が効率よく受け流されるために走行安定性が向上し、より高速での走行が出来るようになるのです。
ただこの効果が発揮されるには時速100キロ以上の走行が必要であるとされていますから、スポーツカーでレースに参加する場合であるならばまだしも、街中で時速40~60キロ程度の速度で走行するのであればさほど大きな効果は見られません。
そのため現在、一般車にこのパーツが使用される際にはドレスアップ目的の方が大きくなるでしょう。
サイド部分に取り付けられることで車高を低く見せてボリュームのあるシェイプにすることで、外見をより美しくすることが出来るのです。
また本来の目的とは若干違うものの、これが取り付けられていることによって地面から跳ねあげられた石がボディに衝突することを防ぐという副次的な効果を期待することもできます。

Comments are closed.

最近の投稿