自動車の所有者の承諾なかった場合

人身傷害保険は、契約車両に運転している時に事故が起こり、搭乗中の人に対して怪我・後遺症・死亡が発生した場合の保険です。自分も含めて事故に遭った搭乗者全員に対して保険金が支払われるため、手厚い補償受ける上では役立つ保険となります。

ただ人身傷害保険には、幾つかの補償外となるケースがあります。大抵は、契約時に約款が渡されることとなるため、そこに記載されています。一般的に補償外となるケースは、故意又は重大な過失によって本人に生じた損害、異常かつ危険な方法で自動車に搭乗中の方に生じた損害です。

また闘争行為・自殺行為・犯罪行為によって、その本人に生じた損害、無免許運転・麻薬・酒気を帯びた状態などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転で、その本人に生じた損害もあります。それと被保険者の脳疾患・疾病または心神喪失によって、その本人に生じた損害や自動車の所有者の承諾を得ないで搭乗中に生じた損害も補償外とされます。

なかでも自動車の所有者の承諾がなかったケースでは、例えばその自動車が盗難されて乗り回され、その途中で起こった事故が該当します。なお一緒に搭乗して運転者を脅して運転させていた場合での事故でも自動車の所有者の承諾があったみなされないため、その事故による損害も補償外となります。

Comments are closed.

最近の投稿