逃走行為、自殺行為、犯罪行為によって事故が起こった場合

人身傷害賠償保険に加入しておくと、自動車事故において発生した搭乗者の人身の損害に補償が実行されます。ただしすべての自動車事故にこれが適用されるわけではありません。自動車事故が適用されるためには、その被保険者が正常に運転できる状態であったこと、そして現に正常に運転していたことが必要です。正常な状態で、特に責められるべき運転でもないと言う状態では、事故の発生を予期することは不可能です。だからこそ予期せぬ事故によって損害を被ってしまった人に対しては、保険による救済措置を利用することができると言うわけです。ですから人身傷害賠償保険が適用されないケースとしては、被保険者が正常な状態になかった場合、そしてその運転に責められるべき点があった場合が挙げられます。また被保険者が事故を起こすことを前提としていた場合も同様です。具体的にどのような状況が挙げられるかと言うと、まずは逃走行為が挙げられます。『逃げる』と言う行動が強いる精神的なプレッシャーは相当なものですから、運転に際して正常な状態にあるとは考えにくいですし、逃げているわけですからスピード超過や信号無視と言った無謀運転の可能性もあります。それから自殺行為です。これは被保険者が事故を起こすことを前提として、運転していたと言うことを意味します。そして犯罪行為です。犯罪行為はそれ自体が既に法律に違反しているわけですから、それによって発生した損害に対して人身傷害賠償保険が適用されることはないと言うわけです。そしてこれらは、自動車を運転している被保険者は言うまでもなく、保険金の受取人が被保険者に対してそうするように仕向けた場合にも同様です。

Comments are closed.

最近の投稿