故意や重大な過失による事故の場合

自動車保険における人身傷害補償は、自動車事故によって身体に傷害を負った際に、その損害に対して賠償金が支払われる保険です。傷害だけではなく死亡してしまった場合や、後遺障害などを負った際にも補償されます。ただし、全ての事案において、そしてそこで発生した人身傷害に対してこの保険が適用されるわけではありません。例外もありますから、留意しておく必要があります。人身傷害補償が適用されないケースとしては、その事故が被保険者の故意や重大な過失によって引き起こされた場合が挙げられます。重大な過失と言うのは、そんなことをすればアクシデントが起きるのはやむを得ないと考えられるようなことで、たとえば飲酒運転やスピードの出し過ぎ、信号無視などの無謀運転が一例としては挙げられます。いつものように普通に運転をしていた、そしてその運転にはアクシデントが発生する要素はなかった、つまり責められるべき落ち度はなく、また事故の発生も予期することは困難だったと言う場合に限り、加害者に対しては損害賠償責任が発生し、人身傷害補償が適用されると言うわけです。また故意や重大な過失と言う部分に関しては、自動車を運転していた人に対しては勿論のことですが、その保険の受取人にも該当することです。保険金を目当てとして、その受取人が、故意にアクシデントを発生させるように仕向けたとか、重大な過失を引き起こしたと言う場合は、当然ながら保険は適用されません。

Comments are closed.

最近の投稿