補償されない場合について

自動車関連の保険は、保険会社各社がさまざまなプランを提供しています。自動車を運転している際に万が一の事故により同乗者が怪我をした際にに補償する保険はいくつかの種類があり、怪我や後遺症、あるいは死亡といった重大な事故の場合に保険金が支払われるため、車を運転する人はいずれかの保険に加入しているはずです。

万が一に備えて安心できる保険ですが、その補償が適応されないケースがあることも理解しておきましょう。

ドライバーの多くは対人賠償保険に加入していますが、運転手の過失割合が10割の場合は、対人賠償保険は対象外となり、運転手本人や対象者には保険金は支払われません。このような事態を回避することができるのが、人身傷害保険です。人身傷害保険は、運転手の過失割合に関わらず被害額が確定した際にその全額が補償の対象となり、示談が成立する前から保険金の支払いが実行される保険ですので、さらに安心度が高まります。

このように人身傷害保険は補償の観点からはメリットが多くありますが、その分保険料は高めです。また、近年日本に多く発生している地震や噴火そしてそれらに関連している津波などのに起因する事故の場合には、自動車保険の人身傷害保険は適用されません。

Comments are closed.

最近の投稿