単独事故の場合は?

主に保険契約中の自動車を運転する記名被保険者などの対象者が、自動車事故によって死亡、後遺障害、ケガといった被害を受けた場合に、保険金額の範囲内で、実際の損害に見合った保険金が支払われるのが、人身傷害補償保険とよばれるものです。自動車事故という場合、たとえば出会い頭で他人が運転していた自動車とぶつかって、運転していたドライバーがケガをするという具合に、事故の相手方が存在するのがふつうです。こうした場合、双方の過失割合がどの程度あったのかを確認した上で、その過失割合に相当する金額は差し引いた上で保険金が支払われるのが一般的ですが、人身傷害補償保険の場合には、過失割合にかかわらず、一定の金額が保険金として支払われるというのが特徴になっています。それでは、電柱にぶつかって、ドライバーだけがケガをしたものの、他人にはまったくケガがないといった、いわゆる単独事故の場合はどうなるのかですが、人身傷害補償保険であれば、こうした単独事故であったとしても、ケガ、後遺障害、死亡という類型にあてはまるのであれば、所定の保険金が支払われるようになっています。同様の事故の損害をカバーする保険としては、自損事故保険とよばれるものもありますが、そちらよりも補償が及ぶ範囲は人身傷害補償保険のほうが幅広くなっています。

Comments are closed.

最近の投稿