相手に支払い能力がない場合は?

3243618_1自動車の任意保険はほとんどの運転者が加入していますが、入っていない運転者も少なくはありません。事故の被害者となってしまった場合、相手が任意保険に入っていなかったとしても、自賠責保険から補償を受けることができます。しかし、車の修理代等は自賠責保険では補償を受けられません。そのため、相手に直接損害賠償請求をすることになるのですが、相手に支払い能力がない場合は、どうやっても支払ってもらうことはできないのです。たとえ裁判を起こしたとしても、賠償金を受け取れずに泣き寝入りするケースは多いと言われています。
こうなると、自分の加入している車両保険を使うことになりますが、保険を使うと等級が下がってしまうことが気になります。しかし、相手側に100パーセント過失がある場合は、等級が下がらないこともあります。契約している車以外との事故であること、契約者に過失がなかったこと、相手の自動車の登録番号、相手の住所と氏名が確認できていることが条件となります。保険会社によって条件が違うこともあるので、加入している保険をしっかり確認しておくようにしましょう。また、任意保険に加入していないという人は、万が一に備えて加入しておくことが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿