ランプ類のチェック

自動車は走る凶器とも言われ、エンジンを搭載した走る金属製の物体が走行するため、日常の点検は非常に重要で、前照灯やウインカー、バック灯、ブレーキ灯などに不具合が無いかしっかりと理解しておく必要があります。
フロントに装着されているランプは前方を照らすためや、進行方向を対向車などに認識させるものとしてあり、リア方向に装着されているものは、ウインカー、ブレーキ灯、バック灯と主に警告を促すものであり、リアの場合、レンズが一体の構造を持つコンビネーションランプとして点灯する仕組みを持つ装置が装着されています。
これらのランプ類は、安全走行にとって非常に重要となるものであり、これの損傷がある場合は速やかに交換や修理が必要となります。
レンズにクラックがある場合、内側で湿気が出て、店頭不良となるほか電気系統に不具合が出ることもあります。
また、レンズの汚れが前照の質を低下させ、警告が目的のランプでは、対向車や歩行車への正確な警告が伝えることが出来ないため、安全性が損なわれることがあります。
ランプ類の不具合は、インストルメントルパネル上で警告灯の点灯にて確認できることが多く、適度な洗車でレンズのほこりや泥跳ねなども解消できます。

Comments are closed.

最近の投稿