タイヤの溝の深さをチェック

自動車において、唯一、道路と接しているのがタイヤです。そのためタイヤは、自動車を安全に走行させるためには必要不可欠であり、なおかつ非常に重要な役割を担っている部分だと言うことができます。ですから、日頃からタイヤに対するチェックを習慣づけ、何か異変が見られた場合には速やかに交換などの対策をとることが求められます。タイヤへのチャックポイントとしては、空気圧の状態や亀裂の有無、また溝の深さなどが挙げられます。ただ空気圧の減少や亀裂の有無が、割と目で確認できやすい、そして異常として認識できやすいのに対し、溝の深さに関しては、目で見ても正常なのか異常なのかわからないと言うことも少なくありません。しかし実はこれには明確な印があり、それさえ知っていればどんな人でもタイヤの溝の異常を認識することは可能です。タイヤの横には、スリップサインとも呼ばれている、小さな三角形のマークがついています。このマーク付近の接地面には、他の部分よりもゴムが1.6mmだけ浅い部分があります。この1.6mmと言うのは、法律で定められているタイヤの溝の深さの最低ラインです。つまりこれ以上あれば問題はないけれど、これ以下になるとスリップなどの危険性が高くなるため、そのタイヤは交換しなければいけないと言うラインです。ですからこの浅い部分がタイヤ表面に出てきた際には、交換が必要だと判断することができます。溝を断つような、横に長い長方形のようなマークがこれに該当します。またこのマークが明確に出てきてない場合でも、何となく浅くなってきているように感じた場合は、カーショップなどで相談するのをおすすめします。

Comments are closed.

最近の投稿