タイヤの亀裂、損傷および異常な摩耗をチェック

自動車のタイヤは、走る、曲がる、止まるといった駆動性能や制動機能、進路保持機能の他に、車の重量を支える荷重支持機能や、路面の凹凸などの衝撃を吸収してくれる緩衝機能などの役割があります。
タイヤの劣化や摩耗が進むと走行性能が低下して制動距離が伸びてしまい、傷や亀裂があるとタイヤ自体の損傷につながるので定期的な点検が必要になります。
タイヤの点検方法は、空気圧チェック、亀裂・損傷・摩耗チェック、溝の深さチェックなどがあります。
空気圧チェックは、タイヤゲージなどを使って適正な空気圧が保たれているかの確認を行うのですが、適正な空気圧は運転席のドアの端やセンターピラーなどに貼付されているので、事前に確認しておきます。
亀裂・損傷・摩耗チェックは、タイヤ全周を見渡して著しい亀裂や損傷が無いかを確認し、釘や石などの異物が刺さったり噛みこんでいたりしていないか確認し、接地面の片側だけや一部だけが異常に磨耗してないかを確認します。
溝の深さチェックは、タイヤのスリップサインを見つけ、溝の深さが充分であるかどうかの確認をし、デプスゲージを使う事によって残り溝の深さが把握できます。
スリップサインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると現れる仕組みになっていて、タイヤ側面にある三角のマークが位置を示しています。

Comments are closed.

最近の投稿