タイヤの空気圧(含むスペアタイヤ)をチェック

タイヤは、自動車の中で唯一、道路に接している部品です。そのためその安全性が、自動車の安全走行の鍵を握っているといっても過言ではありません。その安全性を確認するポイントとしては、溝の深さと空気圧が挙げられます。溝が浅かったり、空気圧が減少していると、たとえばスリップしやすくなったり、ブレーキを踏んでから実際に停車するまでの距離が長くなったりする場合もあります。また特に空気圧に関しては、それが異常に低下していると道路との接地面積が広くなるため、摩擦が大きくなり発熱することもあります。そしてタイヤはゴム製で発火点が低く燃えやすい性質を持っているため、そのまま車両火災につながる恐れもあるため、必ずこまめにチェックしておく必要があります。目で確認できるくらいに潰れている場合は、速やかに交換することが必要です。何となく、地面に接している面が大きく感じると言う場合も、カーショップなどで見てもらった方が安心です。また多くの自動車には、タイヤがパンクしてしまった際に一時的に交換して使用するスペアタイヤが搭載されています。このスペアは、普通のタイヤに比べると接地面積が小さい分、空気圧は2倍になっています。ですからこちらの方もこまめに確認しておき、空気漏れが確認された場合は、少し高めに入れておくと万が一の際にも、安心して使用できます。

Comments are closed.

最近の投稿