車のまわりを回って点検!ポイントとは

運行前点検などを行うことが必要とされる自動車ですが、安全運転を行う方法だけではなく、自動車を常に良好な状態に保つ方法で安全に走行させることができます。運転前に車のまわりを回って点検を行う方法は、最も基本的な内容になり、その際のポイントとしてはタイヤをチェックする方法です。トレッドパーターンの部分をチェックして、溝の状態を把握することは勿論ですが、釘などの異物が刺さっている場合もあり、全ての部分を点検する方法でトラブルを回避できます。空気圧のチェックも忘れずに行う必要があり、不足していると感じた場合ではガソリンスタンドなどで空気を入れることが必要です。他にはランプ類をチェックする方法もあります。ヘッドライトや前後左右のウィンカー、テールランプやブレーキランプの状態を確認する必要があります。ブレーキランプの場合では一人では確認が難しい場合があり、ガラス面などを利用して確認する方法もありますが、家族などに確認を依頼する方法もあります。車のまわりではボディなどもチェックしておくことも良い方法になり、バンパーの状態や、フェンダー部分の状態など細部までチェックする方法で自動車に発生しがちな不具合を早期に見つけ出すことができます。

Comments are closed.

最近の投稿