溝の間の小石なども要チェック

路面と唯一接地しているのがタイヤですので、トラブルを起こしてしまうとたちまち事故に発展してしまう恐れがあります。したがって日頃からしっかりとチェックしてみることが大切です。
チェック項目としてはまず溝に異物がないかどうかです。走行しているとクギなどを踏んでしまうことがありますし、パンクの原因にもなりますので目視でよく確認をしてみた方が良いでしょう。また、小石が挟まっているようなこともありますので、ドライバーなどを使用して取り除いておくことが望ましいです。
溝の減り具合も確認した方が良いポイントですが、チェックする為にスリップサインを見てみましょう。スリップサインが出ている時は使用限界がきている状態ですので交換が必要です。スタッドレスタイヤの場合ですと、プラットホームというスタッドレスとしての限界を示すサインがありますが、そちらの方もチェックしておいた方が良いと言えます。
空気圧の確認も安全の為の重要なチェック項目です。特にタイヤ交換をした後は空気圧が減っていることが殆どですので確認してみた方が良いですし、また空気は徐々に抜けていきますので、定期的に確認して不足しているようならば空気を入れて調整しておきましょう。

Comments are closed.

最近の投稿