1.6mmがタイヤの溝の使用限界

タイヤの溝が擦り減っている状態で走行をすると危険と言われていますが、その目安となるのが1.6mmという数値です。この深さになった場合、タイヤの使用限界とされていますので、チェックして溝が少ない時には要交換と考えておいた方が良いでしょう。
溝の測り方ですが、わざわざ定規を用意して測る必要はありません。タイヤにはスリップサインというゴムの残り具合を確認する為の目印が最初から備えられています。
スリップサインのチェック方法としてはタイヤの側面を確認し、三角印を辿った先にあります。その他の部分とは違って膨らみがあることに気付けると思われますが、それがスリップサインです。そしてそのサインとゴムの高さが同じになっている時には1.6mmの状態であるということです。
因みにスタッドレスの場合はプラットホームというサインもあります。プラットホームはスタッドレスとしての使用限界を示すサインですが、新品時の50%の状態で現れます。スリップサインとは別のものとなっていますので、スタッドレスをチェックする際には間違わないようにしましょう。そしてプラットホームが現れていてもスリップサインがまだなら普通タイヤとして使用することも可能です。

Comments are closed.

最近の投稿