空気圧の計測は給油時にガソリンスタンドで

快適な走行を実現する上ではタイヤの空気圧が重要で、それが高すぎても低すぎても良くないです。高すぎる場合はスリップしやすくなったり、衝撃傷などを受けやすくなったりして傷みやすくなります。

また空気圧が低すぎる場合は燃費が悪化したり、操縦がしにくくなったり、異常発熱によってバーストが起こったりします。共に自動車の走行のトラブルにも結びつきやすくなりますので、定期的にチェックを行なうことが大切です。

適正な圧力については、運転席のドア付近にシールとして貼られています。実際にタイヤの空気圧を計測する上では給油ついでにガソリンスタンドに行き、そこに居る店員に依頼すれば無料で確認を行なってくれます。しかも足りなければ、空気の量を補充までもして貰えます。

その他にガソリンスタンド以外の場所では、カー用品店、整備工場などでも確認が行なえたりします。専用の空気を入れるためのボンベとゲージが付いている機器が存在しますので、それで行ないます。

なお機器の無料貸し出しの場合には、記載されている説明書を見ることでタイヤの空気圧をチェックしたり補充したり出来ます。作業自体も簡単に行なうことが出来るので、一ヶ月に一回はチェックを行なった方が良いです。

Comments are closed.

最近の投稿